プレッシャーによる手汗はツボを刺激して対処

プレッシャーによる手汗にはツボを刺激して対処をしています。
会議や面接、冠婚葬祭でのスピーチ等生活の中で緊張したりプレッシャーを感じることをを余儀なくされる場面に直面することは誰でも一度は経験することと思います。
急な手汗でマイクを落としてしまったり、書類が手汗で濡れてしまったりすることを避けるために簡単に出来る手汗解消法を紹介します。
そもそも、手汗の原因は極度の緊張によって交感神経が興奮していることによって起こります。
ですので、同じ自律神経でリラックス作用が働く副交感神経を優位にさせてあげることで手汗を抑え、対処することが出来ます。
まずは手にあるツボで、親指と人差し指の骨が交わる場所に位置する合谷と言うツボを反対の指で挟み込みゆっくりと圧をかけてあげます。
時間は10秒ほどかけてだんだん強く行い、痛気持ちいい程度まででOKです。
勿論、即効性もありますし合谷を時間のある時に刺激してあげる習慣をつけておくと、自律神経バランスが整って慢性的な手汗の対処にも繋がります。
ステージでギターを弾いていた頃の私も極度の上がり症でピックを落としたりと手汗に悩まされていましたが、合谷で自律神経を鍛えることによってだんだん改善されて、今では手汗をかく心配も必要なくなりました。

http://xn--u9ji3e6erb6lx41vopfrx2a74w.xyz/

汗が出やすい人の様々な対処方策とは

汗が出やすい人の様々な対処方策について考えてみました。
汗っかきの人は、そうでない人に比べて、目に見えないところの苦労が半端なく、様々な対処法をとって、目まぐるしい努力をしています。
その対策として、毎日お風呂上りには、ドラッグストアやインターネットで口コミを参考にして購入した、汗を止めることに効果を発する塗り薬を塗って、汗の匂いを抑えるスプレーをふきかけています。
汗っかきによいとされる新商品が発売されると、必ず購入して試すようにしています。
外出時には、汗脇パット入りの下着の着用が欠かせません。
暑い夏は、汗脇パットの領域を超えて汗をかいてしまうので、白い洋服を着るか、半そでの上から白い羽織りものを着ることが日課となり、汗が目立つ、グレーや黒色の洋服は着ないようにしています。
水分を控え、汗の量をできるだけ減らすようにしています。
汗はどうしてもかいてしまうので、せめて汗の匂いだけは変えようと、日々、汗の匂いを薔薇の匂いに変える効果があるサプリメントを飲むようにしています。

http://www.anamri.com/